サプリメント

イソフラボンの摂取量

イソフラボンの安全な摂取量については、厚生労働省の依頼を受けた食品安全委員会が平成18(2006)年の6月にとりまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の指針が示されました。
設定の背景は、閉経後の女性を対象にした5年間の長期摂取試験において健康被害が懸念される「影響量」が1日当たり150mgであること、特定保険用食品(トクホ)としての大豆イソフラボン摂取によって血清E2濃度の低下と月経周期の延長という影響を受けない安全な上乗せ摂取量の上限値が30mgであること、の2つの試験結果です。

食品安全委員会ではこの結果にもとづいて、イソフラボンによる影響量の2分の1である75mgを1日当たりの上限摂取目安量とし、特定保険用食品としての大豆イソフラボンの安全な摂取量である30mgを1日当たりの上乗せ摂取量の上限値に設定したのです。
単品ごとに審査が行われるトクホですが、イソフラボンについては、食品安全委員会によっていわば一律の基準が設定されました。
これは、大豆イソフラボンの健康効果の評判が高まり、たくさん摂れば摂るほど効果が高いと考えて消費者が過剰摂取してしまうことがないよう、大豆イソフラボンのトクホ全体に1日の摂取量の目安が設定されたのです。