サプリメント

イソフラボンの効能

大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をもっていること、また、2003年に米国国立がん研究所の機関誌に発表された、厚生労働省研究班による「日本における大豆、イソフラボン、乳がんリスクの関係」の研究報告などから、イソフラボンには次のような効果があるとされています。
女性に対しては更年期障害の軽減、骨粗しょう症・生理不順の改善、ホルモン低下によるしわ・たるみの改善、美肌効果、乳がん・子宮ガンなどの抗ガン作用などがあります。

また、男性に対しては中性脂肪値低下や動脈硬化予防、血圧やコレステロール値の改善、悪酔い・二日酔い予防、前立腺ガンやホルモン依存性のガン予防などです。
なお、内閣府に設置された食品安全委員会は、2003年に「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」の中で、イソフラボンが人に働く健康作用について「大豆イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用を発揮することについては、試験管内試験と動物実験で明らかである」こと、および「骨粗しょう症、乳ガンや前立腺ガンなどの予防効果はまだ研究段階であり、大豆イソフラボンの有効性と安全性の議論は、現段階では確立していない」との見解を述べています。