サプリメント

自律神経を整えてくれるイソフラボン

自律神経をコントロールしているのは、脳の視床下部です。
視床下部は、自律神経系をコントロールする役割のほかホルモン分泌・バランス調整の役割も司っています。
エストロゲンの分泌は脳の視床下部でコントロールされていますが、更年期を迎えると、視床下部がエストロゲンの分泌をいくら指令しても卵巣機能が低下してしまうことでエストロゲンの分泌は急激に減少してしまいます。

そのため、自律神経を司っている視床下部は、正常に機能しなくなるのです。
その結果として自律神経が失調し、自律神経失調症が発症するのです。
このエストロゲンの減少による自律神経失調を改善・予防してくれるのが、エストロゲンと同じような働きをするイソフラボンです。

同じ働きをするのですから、イソフラボン摂取することは減少したエストロゲンを補給することになります。
そのことで、エストロゲンの減少が原因である自律神経失調の症状の改善が期待できるのです。
なお、イソフラボンを摂取することで自律神経失調症の改善できない場合や重度の自律神経失調症については、専門医に相談して治療に当たることをおすすめします。
現在のようなストレスの多い生活環境のなかでは、エストロゲンの減少だけが自律神経失調の原因ないからです。