サプリメント

イソフラボンの副作用

イソフラボンは実際のホルモンとは違い自然に存在する成分であり薬ではないことから、副作用の心配はないと言われていました。
しかし、研究や実験の結果、過剰摂取した場合にはホルモンバランスが崩れることによる副作用のリスクがあることが分かってきました。
例えば、閉経前の女性に通常の食事(イソフラボン29.5mg)に加えて豆乳(イソフラボン75.7mg)を摂取する実験では、血液中のエストロゲンが低下し、月経周期が10%超伸びるという研究結果出ています。

また、動物実験での結果ですが、イソフラボンを過剰摂取させると卵巣や精巣に悪影響が出たという報告もあります。
そうしたことから、妊婦や乳幼児などには通常の食事に上乗せすしてイソフラボンを過剰に摂取すること勧められていません。
他に考えられる副作用はhttp://www.tourofcalifornia-solvang.com/kajyousextusyu.htmlに載っていますのでご覧ください。

こうしたことから、食品安全委員会ではイソフラボンの摂取について「1日当たりの上限摂取量は70~75mg」、通常の食事以外にサプリメントなどで上乗せ摂取する場合は「許容上乗せ摂取量は30mg」との基準摂取量を設定しました。
一時的であれば、通常の食事でイソフラボンを多量に摂取しても過剰分は排出されるので副作用の心配はありません。
しかし、通常の食事以外にサプリメントなどで上乗せして30mg以上摂取し続けることは避けなければなりません。