サプリメント

エストロゲンとイソフラボン

エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、胸を大きくしたり月経の周期に関わったり、妊娠、出産にも影響するなど女性を女性らしくするホルモンです。
分泌量は一生でおおよそスプーン2杯分と少ないのですが、このホルモンが不足するとホルモンバランスが乱れて体調を崩したり女性らしさを失ったりします。
特に40歳代になると分泌量が減少し始め、閉経後は急激に減少してしまうことで、女性は体調を崩しやすくなって更年期障害につながっていくのです。

こうした状況を予防・改善するためには、エストロゲンを補給しなければなりません。
イソフラボンは「植物性エストロゲン」や「フィトエストロゲン」とも呼ばれ、この女性ホルモンの一種であるエストロゲンという物質によく似た化学構造とともに似た働きがあります。
このイソフラボンはエストロゲンと同様の効果を発揮するだけではなく、エストロゲンの働きが強すぎてホルモンバランスが乱れている場合には、その働きを抑えてホルモンバランスを調整する拮抗作用(ある現象に対して、二つの要因が互いにその効果を打ち消し合うように働く作用)も発揮します。
このことから、イソフラボンを摂取することが原因でホルモンバランスを乱すことはないと言えるのです。
エストロゲン同様のはたらきをしてくれるため、http://www.infomercialratings.com/nen.htmlにもかいてありますが、閉経間際の女性のホルモンバランスの乱れからくる不調に対して効果があります。
イソフラボンを摂取できる食品一覧がこちらにありますが、私たち日本人に馴染み深い大豆食品に多く含まれています。
お味噌汁や納豆、お豆腐など普段から食べ慣れている食品です。
一日どれか一つを食べていれば必要摂取量をクリアできますので普段から和食中心の生活をしていればとくに意識しなくても自然と摂れてしまいます。