サプリメント

男性ホルモンとイソフラボン

男性ホルモンは男性に、女性ホルモンは女性にだけあるホルモンであると誤解している人がかなり多いようですが、男性は男性ホルモンが多く、女性は女性ホルモンが多いだけです。
この性ホルモンの絶対量は一定ですから、片方のホルモンが増えればもう片方の量は少なくなります。
このことから、男性がイソフラボンを摂取すると女性ホルモンが増えるのと同様な働きをするのですから、男性ホルモンは減少して男性ホルモンの働きを抑制することになります。

男性ホルモンには、いわゆる男性らしさといわれる筋肉質な体づくり・皮脂の分泌・体毛の発育・髪の抜け毛・性欲を高める、といった働きがあります。
まだ明快な影響や効果は確認されてはいませんが、男性がイソフラボンを摂取することで男性ホルモンの量が減少することで結果的に男性ホルモンの働きが抑制されるのですから、体質の女性化・髪の抜け毛防止・性欲低下といったことが想定されるのです。
また、夏場の汗や体臭も男性ホルモンの影響によるものなので、イソフラボンの摂取で抑制することが確認されています。
濃いヒゲやムダ毛の抑制もできるとhttp://stanleybleifeld.com/mustache.htmlにかいてありました。

イソフラボンの摂取で気を付けなければならないのは、過剰摂取です。
イソフラボンの多量摂取によって胸が膨らんできたという男性の女性化乳房が報告されています。
また、イソフラボンは筋肉をつきにくくする働きがあるので、筋力を付けたい人は注意が必要です。
他にも、http://www.synchroboards.com/sideact.htmlにかいてあるように女性の生理不順を悪化させたり
子宮筋腫の悪化http://www.tofu-recipe.com/womb.html、子宮内膜増殖症のリスクを高めてしまったりと危険なので、過剰摂取は絶対にやめましょう。
一日の摂取量目安はhttp://www.te-a.jp/onimaru/に載っていますので参考にしてください。