サプリメント

イソフラボンとは

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働き(女性を女性らしくするホルモンで、胸を大きくしたり女性らしい肌にしたり、また、月経の周期に関わったり、妊娠、出産にも影響)をするフラボノイドの一種で、大豆のえぐみの一つでもある天然成分です。
この成分は大豆胚芽に特に多く含まれることから、単にイソフラボンと表現した場合は大豆イソフラボンと認識されることが多いといえます。

現在大豆イソフラボンは15種類確認されているとの情報がありますが、内閣府食品安全委員会では「大豆イソフラボンはゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインの3種類の非配糖体(イソフラボンアグリコン)と、それぞれに3種類の配糖体(ゲニスチン、ダイジン、グリシチン)、配糖体のアセチル化体およびマロニル化体が知られている」としています。
欧米では日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がんなどの発生率の低さの要因は大豆イソフラボンではないかとの仮説にもとづいて研究がすすめられてきました。
特にアメリカにおける大豆イソフラボン研究の取組みは本格的で、米国立がん研究所(NCI)では、1991年から巨額の予算を投じて「抗がん効果の研究」に乗り出しています。
イソフラボンという成分についてこちらのサイトでも詳しく解説されています。
こちらには イソフラボンを食事から上手に摂るためのレシピや一日の摂取量目安、過剰摂取による副作用の危険性などについて解説されているサイトがあります。
是非、ご覧ください。